魚治うおじ

魚治の鮒寿し

魚治は、天明四年(1784)「魚屋 治右衛門」として、海津で創業いたしました。

魚治の鮒寿しは、琵琶湖のニゴロブナを、創業より伝わる蔵持ちの菌で、二冬かけてじっくりと発酵熟成させます。

乳酸菌の発酵ならではのコクのある酸味と旨味をお楽しみください。

詳細を見る

「鮒寿し」とは

現存する最古の寿司が近江地方に伝わる「鮒寿し」といわれています。

琵琶湖でとれるニゴロブナを塩漬けにしたのち、炊いたご飯を重ねて漬け自然発酵させます。魚の保存方法のひとつとして伝えられたものです。

詳細を見る

召し上がり方

鮒寿しは、洗わずに飯(いい)をはずし、薄くスライスしてお召し上がりください。飯もお召し上がりいただけるものです。

切り身と飯を日本酒や赤ワインと合わせて、お吸い物として、アンチョビ感覚でパスタに和えたりと、いろいろな楽しみ方があります。

レシピを見る

湖里庵復興に向けて

2年8ヶ月の映像

投稿日:2021-04-30

地元のテレビ局びわ湖放送さんが2年8ヶ月の映像を放送してくださりました。 都度都度、取材していただく際の問いかけに答えることで、自分の中の考えがまとまったり、気づいていなかった自分の思いを知ることになりました。 また、2年8ヶ月の間、思いを…

記事を読む

再開

投稿日:2021-04-29

おかげさまで新しい湖里庵が次の一歩を踏み出し、再開することができました。 これまで支えてくださった方々、お力添えいただいた皆様、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。 今回のブログを書くにあたり、もう一度これまでのブログを読み…

記事を読む

再建と家族

投稿日:2021-04-10

再建中に完成するまでは見ないと言い張っていた娘が初めて建物に入ってきました。 「綺麗やなあ」 一言つぶやいた後何も言わなくなったので娘の方を見ると、静かに涙を流していました。 この涙は、本当は2年8ヶ月前に流したかった涙なんだろうなと自然と…

記事を読む

全てのお知らせを見る